2020年6月18日木曜日

Interview movie for "Something Called Butoh" インタビュー映像 "舞踏という何か”



NPO法人ダンスアーカイヴ構想が、2017 年から3 年間にわたって、国内外の舞踏家に実施したアンケート調査の成果報告として、2020年に出版された書籍「舞踏という何か」。世界各地に広がる「Butoh」の現象に切り込むべく、書籍の編者である松岡大が様々な舞踏家にインタビューを行います。第1回目はイタリアのトスカーナで活動している竹之内淳志さん。

This interview series is based on the book "Something Called Butoh" which was published in 2020 as a report on worldwide Butoh surveys conducted by the Dance Archive Network from 2017 to 2019. In order to delve into the phenomenon of "Butoh" that is widespread all over the world, Dai Matsuoka, an editor of the book, interviews various Butoh artists. The first guest is Atsushi Takenouchi now based in Tuscany, Italy.


目次 Contents
0:35 コロナの影響を受けて Influence of the Coronavirus
3:46 オンラインワークショップについて About Online Workshops
7:24 「花を開くこと」 On Opening "Flowers"
11:37 舞踏の型について On Butoh Forms
13:57 舞踏をどのように残していきたいか Passing Butoh on to the Future

「舞踏という何か」書籍の購入
To purchase the book "Something Called Butoh"  (*International shipping available)


竹之内淳志
62年三重県生まれ。80年に“北方舞踏派”に入門、『鷹ざしき』で舞踏の創始者・土方巽に振付を受ける。86年「じねん」というコンセプトでソロ活動を始める。 96~99年、日本の様々な土地風土、人や音楽を感じ即興舞踏にする吟遊舞踏『じねん』ツアーにて日本全国600箇所で公演。この間に大野一雄・慶人の宇宙観に触れ舞踏の心を学ぶ。99~00年、じねん 舞踏『太陽と月』にてヨーロッパ・アジア12ヶ国を巡り、自然や歴史的な場にて公演、映像を記録。2002年よりヨーロッパを拠点にを移し、各国で公演とワークショップを行う。母なる自然への環境問題を扱ったダンス映画『Ridden by Nature』(2014)に出演、各国36個の映画賞を受賞(ニューヨーク、カリフォルニア国際フィルムフェス、ニース、ベニス、AVIFFカンヌ国際フィルムフェス、ポーランド、等)。トスカーナにて舞踏学校を開設(2015) http://www.jinen-butoh.com


Atsushi Takenouchi
Joined butoh dance company "Hoppo-Butoh-ha" in Hokkaido in 1980. His last performance with the company "Takazashiki"(1984) was worked on by butoh-founder Tatsumi Hijikata. Atsushi has started his own "Jinen Butoh" since 1986 and created solo works "Itteki", "Ginkan"as a universal expression of nature, earth, and ancient times and impressions of the moment. He made 3 year "JINEN" tour project throughout Japan for 600 sitespecific improvisations (1996-1999). Around this time, he learned spirit of the universe of Kazuo Ohno and Yoshito Ohno. Since 2002, based in Europe, working on solo Butoh, and collaboration project with dancers and actors, with giving workshop in France, Poland, U.S.A and other countries. Joining in festival such as Avignon festival, Paris Butoh festival, NY Butoh festival, he has been presenting his solo piece.
At the same time, he also collaborates with film. The recent work in Alaska and Hawaii, "Ridden by nature" environmental art dance film has received more than 36 film awards. (New York Int’l film festival 2016/ Martinique Int’l Film Festival 2015/ World Music & Independent Film Festival WMIFF 2016/ Polish Int’l Film Festival 2016/ Aviff Cannes Art Film Festival 2016/ and more)
He has started long term JINEN Butoh school in Pontedera in Italy since October 2015.

企画・配信:ダンスハウス黄金4422
Produced and distributed by Dance House KOGANE4422

協力:NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Supported by NPO Dance Archive Network

翻訳:本田舞
Translation: Mai Honda







2020年4月21日火曜日

Practice movie 稽古動画 << A O U N >> voice & movement practice Jinen Butoh




*日本語は下記
"A O U N" is Atsushi's basic voice & body movement practice, which he has been giving more than 20 years in his Butoh course.
He loves this practice a lot :)
Embrace Universe. Open your Voice and Body movement Inside to Outside as a Flower.

*You can listen his voice as guidance and music by Hiroko.
It's not necessary to watch his dance in this video, just let your body into movement & voice through guiding :)

There is no fix form or movement,important is listen your inner
movement & voice, keep on your "A O U N", through this find your deep inside flower open to universe.

『アオウン』
ヴォイスと体のムーブメントを開く、竹之内淳志じねん舞踏のベーシックプラクティスです。この内容はこの20年以上竹之内舞踏講座のベーシック時の始まりか終わりに行うもので、本人もとっても大事にしてきた内容です。
宇宙を抱き、声を開き自身の体を開く。花が命を内から外に開くように。

『あおうん』マントラに想を得てアオウンの声を開きつつ、其処に宇宙を抱く大きなサークルの動きを入れ、内からの生命を開き、星に山に海に宇宙に繋がって行くインプロに入って行きます。

竹之内の声のガイドと小宮広子の音楽を通して、自身の声と動きを自由に見つけてください。竹之内の動きを見る必要は特にありませんよ :)

::: "A O U N" JINEN Butoh basic practice Atsushi Takenouchi:::
Butoh Atsushi Takenouchi, music Hiroko Komiya
recorded 16/04/2020
©GlobeJINEN 2020

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

::: Dancing Life Every day with Prayer ::: 
2020 Spring is here.I want to send this message to all my
friends, and all my unknown friends all over the world.
Let's dance every day, we can share some moment together,feeling that we are not alone.This moment,

I dance everyday at home here in Italy at 7AM morning for
1hour. Do you want to join? Any place, any dance, any songs,
any music, any expression, with your style. (of course,any your available time,any duration,even one song.)

Under this time difficult moments all over the world, we pray
and dance and sing for sending love to your family and all
friends, and the life that passed away,and all the nature. Then we find own self through precious breathing.

Let's continue dancing through our life. Towards the universe of billion years.
Equal to all life existance, the sun shines,the moon sing,
mother sea hugs us.

Atsushi Takenouchi
Hiroko Komiya

------------------------------------------------

When : everyday at 7AM of your country time or any your
available time
Duration : 5 minutes to 1 hour
Where : the place where you are

How to join : dance, song, music. ( any kind of dance, body
expression, body practice, any type of music, singing, sounds)

*******************************************

世界の様々な国にいる友へ送ります。
今日はこのビデオメッセージをつくりました。これを通して少しでも同じ時と気持ちを共有できたら嬉しいと思います。この困難な状況の中私たちの心が踊りや歌や祈りを通してつながりあえることを願います。踊りましょう。歌い祈りましょう。私たち一人一人が花。花は内から外に向かってほころんでゆき咲き開く。宇宙に向かってすべての友に向かって。

::: 毎日を祈りとともに踊る:::
2020年春。このメッセージを全ての友人に、そして未だ会ったことのない遠い国の友へ送ります。
毎日、踊りましょう。踊りと祈りを通して、私達は一人ではない、繋がっている事を感じましょう。
ここ最近、僕は毎日朝7時から1時間踊っています。
一緒に参加しませんか? 参加するには、何処でも。 どんな踊り、ダンス、祈りでも。どんな歌、音楽でも。どんな表現でも良いです。(時間だって、あなたの良いと思った午前でも午後でも、たとえ一曲の歌でも良いです。)

この世界規模の困難な局面を迎える今、あなたの友達に、親族や家族に、逝かれた生命に、全ての自然に、踊りや祈り歌を通して、あなたの心を魂を送りましょう。それを通して感じる内なる魂を、踊る呼吸と共に感じましょう。
全ての生命に等しく陽は輝き、月と幾千の星は歌い、母なる海は私たちを抱きしめる。全ての生命に幸あれ。さあ命の踊りを続けよう。億年の命の宇宙に向かって。

竹之内淳志 小宮広子 
-------------------------------------------------------
何時:毎日あなたの国の朝7時 または あなたの可能な時間なら何時でも良いです。
時間も1時間から5分間まであなたの可能な時に可能な時間。
場所:あなたがいるその時のその場
参加:踊り、歌、音楽 (どんなジャンルの踊りや身体表現や体操。様々なタイプの歌、音楽、詩、そして祈り。)
---------------------------------------------------------------

僕達はイタリアに住み、厳しい国内全土封鎖、外出禁止制限の状況が毎日続いています。
こんな時だからこそ、僕には更に踊りが必要で、皆と繋がる事が大事だと感じました。

僕は毎日朝7時(イタリア時間)から1時間、自宅で踊っています。地球上それぞれの国で朝7時。又は、皆其々の良いタイミングで踊るのも良いでしょう。

そうすれば、毎日皆のうちの誰かが、みんなに向かって踊っているとイメージ出来るじゃないですか。一日中いつも誰かがあなたを含めた全ての生命に向かって踊っていることになるでしょう。
食事をしている時、寝ている時、仕事をしてる時、嬉しい時、悲しい時辛い時、そう思うと嬉しいじゃありませんか。

皆が其々が自己に深く触れ、そして皆の事を想い繋がったら素敵だと思います。

あなた方、一人一人が花なのだと、自然は私たちに教えてくれます。
私の師もそう云いました。私達の喜びも、悲しみ苦しみも、私たちのこのカラダの内から外へ開き、花として宇宙に開こう。
それは祈りであり、浄化であり共有であると感じます。
宇宙に開く花は私達皆に繋がり、私たちは一人ではない。

今この時期をネガティブにとらえず、私は何者で何に向かって生きていきたいかを深く知る。大切な自己という生き物を深く見つめ直す時期だと感じます。今この時がもし胎内の闇であれば、闇から光へ花は向う、私たちの命も内から宇宙へと限りなく開く花。

人類が地球に環境に行ってきたこの過ちが、この契機となって、この新型コロナウィルスが僕らにこの苦難と試練を与えていると理解する方法もあるかもしれない。
そうであれば、それら光と闇、生と死を全てを抱き祈り踊りたい。踊りは祈りであり、浄化であり、抱擁である。分断された僕達を再び繋げる。

私達に胎児に、花の種になる時期が来たのならば。
踊り歌い、花として開き光に向おう。
イタリアの全土封鎖を受けて、開校出来なかった三月の舞踏学校の参加者からいただいたメッセージの中にあった言葉が響きました。

”The dance will go on forever and ever ! ”

踊り続けていきましょう。

竹之内淳志



2020年4月11日土曜日

Practice Movie 稽古動画<< Feel the Sky, feel the Earth>> 天と地 Jinen Butoh practice





*日本語は下記
On 8th April, today is the birthday of Buddha,
And tonight is the super full moon day, we recorded new video from our Jinen Butoh basic practice.

Atsushi loves this practice as last upload practice "Mother sea".
Let's feel the Sky, feel the Earth, we feel our body and life, and move from inner body. You can listen his voice as guidance and live music by Hiroko.

*It's not necessary to watch his dance in this video, just let your body into movement through guiding.

There is no fix form or movement, you listen your inner movement. Same time important is keep on your way of "stand up and lying down"movement.

"All Kind of life being need to standing up and returning back
to mother earth."

::: " Feel the Sky, feel the Earth" JINEN Butoh basic practice Atsushi Takenouchi:::
Butoh Atsushi Takenouchi, music Hiroko Komiya
recorded 8/04/2020
©GlobeJINEN 2020
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
::: Dancing Life Every day with prayer ::: 
2020 Spring is here.I want to send this message to all my
friends, and all my unknown friends all over the world.
Let's dance every day, we can share some moment together,feeling that we are not alone.This moment,

I dance everyday at home here in Italy at 7AM morning for
1hour. Do you want to join? Any place, any dance, any songs,
any music, any expression, with your style. (of course,any your available time,any duration,even one song.)

Under this time difficult moments all over the world, we pray
and dance and sing for sending love to your family and all
friends, and the life that passed away,and all the nature. Then we find own self through precious breathing.

Let's continue dancing through our life. Towards the universe of billion years.
Equal to all life existance, the sun shines,the moon sing,
mother sea hugs us.

Atsushi Takenouchi
Hiroko Komiya

------------------------------------------------
When : everyday at 7AM of your country time or any your
available time
Duration : 5 minutes to 1 hour
Where : the place where you are

How to join : dance, song, music. ( any kind of dance, body
expression, body practice, any type of music, singing, sounds)

*******************************************

"天と地"
今日は3本目の新しいビデオをアップしました。プラクティスは導入の部分を野口体操の水の体からヒントを得て、全ての生命は空に向かい立ち上がりそして、母なる大地に戻って行くという流れになってます.

。英語でガイドしていますが良かったら踊りましょう!
今日はお釈迦様のお誕生日4月8日。そして満月です。生命を感じて動いてみましょう。

:::"天と地" JINEN Butoh basic practice Atsushi Takenouchi:::
Butoh Atsushi Takenouchi Live music Hiroko Komiya
recorded 8/4/2020
©GlobeJINEN 2020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界の様々な国にいる友へ送ります。
今日はこのビデオメッセージをつくりました。これを通して少しでも同じ時と気持ちを共有できたら嬉しいと思います。この困難な状況の中私たちの心が踊りや歌や祈りを通してつながりあえることを願います。踊りましょう。歌い祈りましょう。私たち一人一人が花。花は内から外に向かってほころんでゆき咲き開く。宇宙に向かってすべての友に向かって。

::: 毎日を祈りとともに踊る:::
2020年春。このメッセージを全ての友人に、そして未だ会ったことのない遠い国の友へ送ります。
毎日、踊りましょう。踊りと祈りを通して、私達は一人ではない、繋がっている事を感じましょう。
ここ最近、僕は毎日朝7時から1時間踊っています。
一緒に参加しませんか? 参加するには、何処でも。 どんな踊り、ダンス、祈りでも。どんな歌、音楽でも。どんな表現でも良いです。(時間だって、あなたの良いと思った午前でも午後でも、たとえ一曲の歌でも良いです。)

この世界規模の困難な局面を迎える今、あなたの友達に、親族や家族に、逝かれた生命に、全ての自然に、踊りや祈り歌を通して、あなたの心を魂を送りましょう。それを通して感じる内なる魂を、踊る呼吸と共に感じましょう。
全ての生命に等しく陽は輝き、月と幾千の星は歌い、母なる海は私たちを抱きしめる。全ての生命に幸あれ。さあ命の踊りを続けよう。億年の命の宇宙に向かって。

竹之内淳志 小宮広子 
-------------------------------------------------------
何時:毎日あなたの国の朝7時 または あなたの可能な時間なら何時でも良いです。
時間も1時間から5分間まであなたの可能な時に可能な時間。
場所:あなたがいるその時のその場
参加:踊り、歌、音楽 (どんなジャンルの踊りや身体表現や体操。様々なタイプの歌、音楽、詩、そして祈り。)
---------------------------------------------------------------

僕達はイタリアに住み、厳しい国内全土封鎖、外出禁止制限の状況が毎日続いています。
こんな時だからこそ、僕には更に踊りが必要で、皆と繋がる事が大事だと感じました。

僕は毎日朝7時(イタリア時間)から1時間、自宅で踊っています。地球上それぞれの国で朝7時。又は、皆其々の良いタイミングで踊るのも良いでしょう。

そうすれば、毎日皆のうちの誰かが、みんなに向かって踊っているとイメージ出来るじゃないですか。一日中いつも誰かがあなたを含めた全ての生命に向かって踊っていることになるでしょう。
食事をしている時、寝ている時、仕事をしてる時、嬉しい時、悲しい時辛い時、そう思うと嬉しいじゃありませんか。

皆が其々が自己に深く触れ、そして皆の事を想い繋がったら素敵だと思います。

あなた方、一人一人が花なのだと、自然は私たちに教えてくれます。私の師もそう云いました。私達の喜びも、悲しみ苦しみも、私たちのこのカラダの内から外へ開き、花として宇宙に開こう。
それは祈りであり、浄化であり共有であると感じます。
宇宙に開く花は私達皆に繋がり、私たちは一人ではない。

今この時期をネガティブにとらえず、私は何者で何に向かって生きていきたいかを深く知る。大切な自己という生き物を深く見つめ直す時期だと感じます。今この時がもし胎内の闇であれば、闇から光へ花は向う、私たちの命も内から宇宙へと限りなく開く花。

人類が地球に環境に行ってきたこの過ちが、この契機となって、この新型コロナウィルスが僕らにこの苦難と試練を与えていると理解する方法もあるかもしれない。
そうであれば、それら光と闇、生と死を全てを抱き祈り踊りたい。踊りは祈りであり、浄化であり、抱擁である。分断された僕達を再び繋げる。

私達に胎児に、花の種になる時期が来たのならば。踊り歌い、花として開き光に向おう。
イタリアの全土封鎖を受けて、開校出来なかった三月の舞踏学校の参加者からいただいたメッセージの中にあった言葉が響きました。

”The dance will go on forever and ever ! ”

踊り続けていきましょう。

竹之内淳志

2020年4月4日土曜日

KONTRAPUNKT Radio show/ Rock Service FM in Poland : Light Reflections

"Butoh need pass through darkness to the light to open flower".
Spring flower needs to bloom. We need open Life. We feel now is a time of insight, deep observation. With keeping dance of life, let's keep deep eye on now.
Though this news of new virus give big effect to the world, people's life, activity, feeling, emotion, mind, daily life, let's pass through this difficult term, and find each own flower.

Today we want to introduce the link of radio programme Kontrapunkt/Rock Serwis FM Poland. On 23Jan2020, they played Hiroko's music from CD "Pendulum Sea".  
Playlist https://kontrawave.com/2020/01/23/kontrapunkt-224-refleksy-swiatla-playlista/
We were touched since they played Henryk Górecki's "Symphony No. 3 " in the same radio programme. This song was our respecting Butoh master Yoshito Ohno's favorite piece when he was alive and teaching Butoh. We appreciate them and here we want to send the the podcast link. 

Podcast link
http://www.rockserwis.fm/serwis.do?menu=main&pid=22795&cat=50&l=1 
(*The title ODBICIA SWIATLA  by Wiktor Janda on 23.01.2020, after text there is play button to listen. )






Playlist 
Posted on 23 January 2020,  by DJ SchizoID 
KONTRAPUNKT #224 „REFLEKSY ŚWIATŁA” PLAYLISTA
https://kontrawave.com/2020/01/23/kontrapunkt-224-refleksy-swiatla-playlista/


23/01/2020   21:00-23:00



Thank you very much Kontrapunkt/Rock Servis FM, and thank you very much for this meeting with Wiktor Janda. We send deep appreciation and respects.


https://kontrawave.com

http://www.rockserwis.fm















The 100th Anniversary of Bauhaus: Bauhaus design - Butoh - Music < Il Corpo Dentro >

This performance <Il Corpo Dentro >was performed in 2019 Festival ARTONOV in Brussels. Collaboration with costume design by Sonia Biacchi. We love to send this video also to Sonia in the sky with big love and respect.
Big appreciation for team Festival ARTONOV and C.T.R Centro Teatrale di Ricerca Venezia.

Il Corpo Dentro 



The 100th Anniversary of Bauhaus 
Bauhaus design - Butoh - Music
<Il Corpo Dentro >
Atsushi Takenouchi, Butoh dancer, choreographer
Hiroko Komiya, musician, object sound, percussion and voice
Sonia Biacchi, costume designer
C.T.R. Centro Teatrale di Ricerca – Venezia

at Villa Empain - Fondation Boghossian
Festival ARTONOV Brussels


And more news is that the Festival ARTONOV was chosen for the cover of the beautiful Brussels cultural guide 2020!





Le Guide Culturel BRUSSELS 2020


#artonov #artdeco #bauhaus100
#BruxellesPatrimoinesErfgoedBrussel #welovebrussels #festival #performance #international #artonov2020 #architecture  #dyod  #Atsushi Takenouchi    #Centro Teatrale di Ricerca Venezia

2020年4月2日木曜日

Book release; Fluence-The Continuance of Yohji Yamamoto by TAKAY 写真集刊行 2020 春



                                                            ph by Takay 


The Book <Fluence-The Continuance of Yohji Yamamoto> by TAKAY is released. 日本語下記。 I am sending congratulation and appreciation, that I am in the part of this photobook. There is exhibition in Paris/Tokyo/NY. Arigatou Takay san!
TAKAY氏による写真集“Fluence” The continuance of Yohji Yamamoto がこの度完成しリリースされました。4年に及ぶプロジェクトで、全ての衣装はヨージヤマモトの80年代からのアーカイブを提供されたものということです。この中にTakayさん撮影の僕の写真もはいっていて大変うれしく思っています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
The below written by Takay. 以下Takay氏より。 (English / 日本語)
I am happy to announce my book, Fluence - The Continuance of Yohji Yamamoto will be released Spring 2020. I have been working on this project for 4 years and am happy to be able to share it with you soon. I am so grateful to all the people who contributed to this project. I shot incredibly talented individuals from various professional fields, styled in Yohji Yamamoto's archive collection, spanning the 1980's to present. It was an amazing experience and I am so pleased with the end result. Thank you!
Published by Damiani
Text by Terry Jones and Yoichi Ochiai
Design and AD by Jacob Wildschioedtz
The book launch and exhibition will commence at Ofr in Paris on February 27th. It will be at Akio Nagasawa in Tokyo on March 27th. And finally at 10 Corso Como Gallery in NYC in May.
約4年かかったプロジェクトがようやく終わり、この春にやっと形になって世に出ます。
“Fluence” The continuance of Yohji Yamamoto by TAKAY
出版:Damiani
テキスト:元I-dマガジン編集長Terry Jones氏メディアアーティスト落合陽一氏
デザイン/AD:Jacob Wildschioedtz氏
全ての衣装はヨージヤマモトの80年代からのアーカイブを提供して頂き様々な分野で活躍されている方々を日本を舞台に撮影しました。
このプロジェクトにご協力して頂いた全ての皆様には言葉で言い表せないくらい感謝しております。本当にありがとうございました。
2/27パリのOfrでのブックサイニングを皮切りに、3/27から東京のAkio Nagasawa Gallery Aoyamaで個展とブックローンチを、最後は5月に10 Corso Como Gallery NYCで個展を予定しております。
是非お越し下さい!
#fluence
#fluencethecontinuanceofyohjiyamamoto
#yohjiyamamoto
#takay
#jacobwildschiødtz
#terryjones
#yoichiochiai
#damiani
#akionagasawagallery
#akionagasawagalleryaoyama
#10corsocomonyc
#ofrparis
#tsuyoshinoguchi
#tetsuronagase
#lamdatakahashi
#katsuyakamo
#hiroshikagiyama

2020年3月30日月曜日

Practice Movie 稽古動画 << MOTHER SEA 母なる海 >> JINEN Butoh Basic Practice




*日本語は下記
On 28th March, 
We recorded new video from our Butoh basic practice. Atsushi loves this practice deeply. He created and has been giving in his Butoh class in the warming up for more than 25 years.
 Let's dance together. You can listen his voice as guidance and music by Hiroko.
 It's not necessary to watch his dance in this video, just let your body into deep mother sea wave and return to mother sea.There is no fix form or movement, you listen your inner movement through the wave. Keep on wave movement.
 We all are born from mother sea. Most important is your dance from your inside to open as flower. 


:::"Mother Sea" JINEN Butoh basic practice Atsushi Takenouchi:::
Butoh Atsushi Takenouchi          Live music Hiroko Komiya
recorded 28/03/2020
©GlobeJINEN 2020
www.jinen-butoh.com

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
::: Dancing Life Every day with prayer ::: 
2020 Spring is here.I want to send this message to all my friends, and all my unknown friends all over the world.

Let's dance every day, we can share some moment together,feeling that we are not alone.This moment,
I dance everyday at home here in Italy at 7AM morning for 1hour. Do you want to join? Any place, any dance, any songs, any music, any expression, with your style. (of course,any your available time,any duration,even one song.)

Under this time difficult moments all over the world, we pray and dance and sing for sending love to your family and all friends, and the life that passed away,and all the nature. Then we find ownself through precious breathing.

Let's continue dancing through our life. Towards the universe of billion years.
Equal to all life existance, the sun shines,the moon sing, mother sea hugs us.

Atsushi Takenouchi
Hiroko Komiya

------------------------------------------------
When : everyday at 7AM of your country time or any your available time

Duration : 5 minutes to 1 hour

Where : the place where you are

How to join : dance, song, music. ( any kind of dance, body expression, body practice, any type of music, singing, sounds )

---------------------------------------------------

2020/3/28 本日新しいビデオをアップしました。竹之内が25年間温めウォーミングアップで教えてきた”母なる海”というプラクティスです。
:::"母なる海 Mother Sea" JINEN Butoh basic practice Atsushi Takenouchi:::
Butoh Atsushi Takenouchi Live music Hiroko Komiya
recorded 28/03/2020
©GlobeJINEN 2020

-------------------------------------------------
世界の様々な国にいる友へ送ります。
今日はこのビデオメッセージをつくりました。これを通して少しでも同じ時と気持ちを共有できたら嬉しいと思います。この困難な状況の中私たちの心が踊りや歌や祈りを通してつながりあえることを願います。踊りましょう。歌い祈りましょう。私たち一人一人が花。花は内から外に向かってほころんでゆき咲き開く。宇宙に向かってすべての友に向かって。


::: 毎日を祈りとともに踊る:::
2020年春。このメッセージを全ての友人に、そして未だ会ったことのない遠い国の友へ送ります。
毎日、踊りましょう。踊りと祈りを通して、私達は一人ではない、繋がっている事を感じましょう。
ここ最近、僕は毎日朝7時から1時間踊っています。
一緒に参加しませんか? 参加するには、何処でも。 どんな踊り、ダンス、祈りでも。どんな歌、音楽でも。どんな表現でも良いです。( 時間だって、あなたの良いと思った午前でも午後でも、たとえ一曲の歌でも良いです。)

この世界規模の困難な局面を迎える今、あなたの友達に、親族や家族に、逝かれた生命に、全ての自然に、踊りや祈り歌を通して、あなたの心を魂を送りましょう。それを通して感じる内なる魂を、踊る呼吸と共に感じましょう。
全ての生命に等しく陽は輝き、月と幾千の星は歌い、母なる海は私たちを抱きしめる。全ての生命に幸あれ。さあ命の踊りを続けよう。億年の命の宇宙に向かって。

竹之内淳志 小宮広子 
-------------------------------------------------------
何時:毎日あなたの国の朝7時 または あなたの可能な時間なら何時でも良いです。
時間も1時間から5分間まであなたの可能な時に可能な時間。

場所:あなたがいるその時のその場

参加:踊り、歌、音楽 (どんなジャンルの踊りや身体表現や体操。様々なタイプの歌、音楽、詩、そして祈り。)
----------------------------------------------------------------

僕達はイタリアに住み、厳しい国内全土封鎖、外出禁止制限の状況が毎日続いています。
こんな時だからこそ、僕には更に踊りが必要で、皆と繋がる事が大事だと感じました。

僕は毎日朝7時(イタリア時間)から1時間、自宅で踊っています。地球上それぞれの国で朝7時。又は、皆其々の良いタイミングで踊るのも良いでしょう。そうすれば、毎日皆のうちの誰かが、みんなに向かって踊っているとイメージ出来るじゃないですか。一日中いつも誰かがあなたを含めた全ての生命に向かって踊っていることになるでしょう。
食事をしている時、寝ている時、仕事をしてる時、嬉しい時、悲しい時辛い時、そう思うと嬉しいじゃありませんか。

皆が其々が自己に深く触れ、そして皆の事を想い繋がったら素敵だと思います。あなた方、一人一人が花なのだと、自然は私たちに教えてくれます。私の師もそう云いました。

私達の喜びも、悲しみ苦しみも、私たちのこのカラダの内から外へ開き、花として宇宙に開こう。それは祈りであり、浄化であり共有であると感じます。宇宙に開く花は私達皆に繋がり、私たちは一人ではない。

今この時期をネガティブにとらえず、私は何者で何に向かって生きていきたいかを深く知る。大切な自己という生き物を深く見つめ直す時期だと感じます。今この時がもし胎内の闇であれば、闇から光へ花は向う、私たちの命も内から宇宙へと限りなく開く花。

人類が地球に環境に行ってきたこの過ちが、この契機となって、この新型コロナウィルスが僕らにこの苦難と試練を与えていると理解する方法もあるかもしれない。

そうであれば、それら光と闇、生と死を全てを抱き祈り踊りたい。
踊りは祈りであり、浄化であり、抱擁である。分断された僕達を再び繋げる。私達に胎児に、花の種になる時期が来たのならば。踊り歌い、花として開き光に向おう。

イタリアの全土封鎖を受けて、開校出来なかった三月の舞踏学校の参加者からいただいたメッセージの中にあった言葉が響きました。
”The dance will go on forever and ever ! ”
踊り続けていきましょう。

竹之内淳志

ph by Chihaya Tanaka 










Let's overcome this pandemic; Movie 動画 < Dancing Life Everyday with Prayer 毎日を祈りとともに踊る >




<<Dancing Life Every day with prayer >>
message movie recorded by Atsushi and Hiroko, 26/03/2020


*日本語は下記
We hope we can be close to you,and we can share time with you.
And hope many friends can connect each other on the different part of the world at this difficult moment.
Let's dance, let's sing. Let your flower be opened from inside to outside, to the universe, to all friends.

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<< Dancing Life Every day with prayer >> 
2020 Spring is here.I want to send this message to all my friends, and all my unknown friends all over the world.

Let's dance every day, we can share some moment together,feeling that we are not alone.This moment,
I dance everyday at home here in Italy at 7AM morning for 1hour. Do you want to join? Any place, any dance, any songs, any music, any expression, with your style. (of course,any your available time,any duration,even one song.)

Under this time difficult moments all over the world, we pray and dance and sing for sending love to your family and all friends, and the life that passed away,and all the nature. Then we find ownself through precious breathing.

Let's continue dancing through our life. Towards the universe of billion years.
Equal to all life existance, the sun shines,the moon sing, mother sea hugs us.

Atsushi Takenouchi
Hiroko Komiya

------------------------------------------------
When : everyday at 7AM of your country time or any your available time

Duration : 5 minutes to 1 hour

Where : the place where you are

How to join : dance, song, music. ( any kind of dance, body expression, body practice, any type of music, singing, sounds )

---------------------------------------------------

世界の様々な国にいる友へ送ります。
今日はこのビデオメッセージをつくりました。これを通して少しでも同じ時と気持ちを共有できたら嬉しいと思います。この困難な状況の中私たちの心が踊りや歌や祈りを通してつながりあえることを願います。踊りましょう。歌い祈りましょう。私たち一人一人が花。花は内から外に向かってほころんでゆき咲き開く。宇宙に向かってすべての友に向かって。

<毎日を祈りとともに踊る >
message movie recorded by Atsushi and Hiroko, 26/03/2020

<毎日を祈りとともに踊る>
2020年春。このメッセージを全ての友人に、そして未だ会ったことのない遠い国の友へ送ります。
毎日、踊りましょう。踊りと祈りを通して、私達は一人ではない、繋がっている事を感じましょう。
ここ最近、僕は毎日朝7時から1時間踊っています。
一緒に参加しませんか? 参加するには、何処でも。 どんな踊り、ダンス、祈りでも。どんな歌、音楽でも。どんな表現でも良いです。( 時間だって、あなたの良いと思った午前でも午後でも、たとえ一曲の歌でも良いです。)

この世界規模の困難な局面を迎える今、あなたの友達に、親族や家族に、逝かれた生命に、全ての自然に、踊りや祈り歌を通して、あなたの心を魂を送りましょう。それを通して感じる内なる魂を、踊る呼吸と共に感じましょう。
全ての生命に等しく陽は輝き、月と幾千の星は歌い、母なる海は私たちを抱きしめる。全ての生命に幸あれ。さあ命の踊りを続けよう。億年の命の宇宙に向かって。

竹之内淳志 小宮広子 
-------------------------------------------------------
何時:毎日あなたの国の朝7時 または あなたの可能な時間なら何時でも良いです。
時間も1時間から5分間まであなたの可能な時に可能な時間。

場所:あなたがいるその時のその場

参加:踊り、歌、音楽 (どんなジャンルの踊りや身体表現や体操。様々なタイプの歌、音楽、詩、そして祈り。)
----------------------------------------------------------------

僕達はイタリアに住み、厳しい国内全土封鎖、外出禁止制限の状況が毎日続いています。
こんな時だからこそ、僕には更に踊りが必要で、皆と繋がる事が大事だと感じました。

僕は毎日朝7時(イタリア時間)から1時間、自宅で踊っています。地球上それぞれの国で朝7時。又は、皆其々の良いタイミングで踊るのも良いでしょう。

そうすれば、毎日皆のうちの誰かが、みんなに向かって踊っているとイメージ出来るじゃないですか。一日中いつも誰かがあなたを含めた全ての生命に向かって踊っていることになるでしょう。食事をしている時、寝ている時、仕事をしてる時、嬉しい時、悲しい時辛い時、そう思うと嬉しいじゃありませんか。

皆が其々が自己に深く触れ、そして皆の事を想い繋がったら素敵だと思います。
あなた方、一人一人が花なのだと、自然は私たちに教えてくれます。私の師もそう云いました。私達の喜びも、悲しみ苦しみも、私たちのこのカラダの内から外へ開き、花として宇宙に開こう。それは祈りであり、浄化であり共有であると感じます。
宇宙に開く花は私達皆に繋がり、私たちは一人ではない。

今この時期をネガティブにとらえず、私は何者で何に向かって生きていきたいかを深く知る。大切な自己という生き物を深く見つめ直す時期だと感じます。今この時がもし胎内の闇であれば、闇から光へ花は向う、私たちの命も内から宇宙へと限りなく開く花。

人類が地球に環境に行ってきたこの過ちが、この契機となって、この新型コロナウィルスが僕らにこの苦難と試練を与えていると理解する方法もあるかもしれない。
そうであれば、それら光と闇、生と死を全てを抱き祈り踊りたい。

踊りは祈りであり、浄化であり、抱擁である。分断された僕達を再び繋げる。
私達に胎児に、花の種になる時期が来たのならば。踊り歌い、花として開き光に向おう。

イタリアの全土封鎖を受けて、開校出来なかった三月の舞踏学校の参加者からいただいたメッセージの中にあった言葉が響きました。
”The dance will go on forever and ever ! ”
踊り続けていきましょう。

竹之内淳志









2020年3月28日土曜日

< Dancing Life Every day with prayer 毎日を祈りとともに踊る>

<< Dancing Life Every day with prayer >> *日本語は下記

Ph by H. Komiya


2020 Spring is here.I want to send this message to all my friends, and all my unknown friends all over the world.

Let's dance every day, we can share some moment together,feeling that we are not alone.This moment, I dance everyday at home here in Italy at 7AM morning for 1hour. Do you want to join? Any place, any dance, any songs, any music, any expression, with your style. (of course,any your available time,any duration,even one song.)

Under this time difficult moments all over the world, we pray and dance and sing for sending love to your family and all friends, and the life that passed away,and all the nature. Then we find ownself through precious breathing.

Let's continue dancing through our life. Towards the universe of billion years.
Equal to all life existance, the sun shines,the moon sing, mother sea hugs us.

Atsushi Takenouchi
Hiroko Komiya

------------------------------------------------
When : everyday at 7AM of your country time or any your available time

Duration : 5 minutes to 1 hour

Where : the place where you are

How to join : dance, song, music. ( any kind of dance, body expression, body practice, any type of music, singing, sounds )

---------------------------------------------------


<毎日を祈りとともに踊る>
2020年春。このメッセージを全ての友人に、そして未だ会ったことのない遠い国の友へ送ります。
毎日、踊りましょう。踊りと祈りを通して、私達は一人ではない、繋がっている事を感じましょう。ここ最近、僕は毎日朝7時から1時間踊っています。一緒に参加しませんか? 参加するには、何処でも。 どんな踊り、ダンス、祈りでも。どんな歌、音楽でも。どんな表現でも良いです。( 時間だって、あなたの良いと思った午前でも午後でも、たとえ一曲の歌でも良いです。)

この世界規模の困難な局面を迎える今、あなたの友達に、親族や家族に、逝かれた生命に、全ての自然に、踊りや祈り歌を通して、あなたの心を魂を送りましょう。それを通して感じる内なる魂を、踊る呼吸と共に感じましょう。
全ての生命に等しく陽は輝き、月と幾千の星は歌い、母なる海は私たちを抱きしめる。全ての生命に幸あれ。さあ命の踊りを続けよう。億年の命の宇宙に向かって。

竹之内淳志 小宮広子 
-------------------------------------------------------
何時:毎日あなたの国の朝7時 または あなたの可能な時間なら何時でも良いです。
時間も1時間から5分間まであなたの可能な時に可能な時間。

場所:あなたがいるその時のその場

参加:踊り、歌、音楽 (どんなジャンルの踊りや身体表現や体操。様々なタイプの歌、音楽、詩、そして祈り。)
----------------------------------------------------------------

僕達はイタリアに住み、厳しい国内全土封鎖、外出禁止制限の状況が毎日続いています。
こんな時だからこそ、僕には更に踊りが必要で、皆と繋がる事が大事だと感じました。

僕は毎日朝7時(イタリア時間)から1時間、自宅で踊っています。地球上それぞれの国で朝7時。又は、皆其々の良いタイミングで踊るのも良いでしょう。

そうすれば、毎日皆のうちの誰かが、みんなに向かって踊っているとイメージ出来るじゃないですか。一日中いつも誰かがあなたを含めた全ての生命に向かって踊っていることになるでしょう。食事をしている時、寝ている時、仕事をしてる時、嬉しい時、悲しい時辛い時、そう思うと嬉しいじゃありませんか。
皆が其々が自己に深く触れ、そして皆の事を想い繋がったら素敵だと思います。

あなた方、一人一人が花なのだと、自然は私たちに教えてくれます。私の師もそう云いました。私達の喜びも、悲しみ苦しみも、私たちのこのカラダの内から外へ開き、花として宇宙に開こう。それは祈りであり、浄化であり共有であると感じます。
宇宙に開く花は私達皆に繋がり、私たちは一人ではない。

今この時期をネガティブにとらえず、私は何者で何に向かって生きていきたいかを深く知る。大切な自己という生き物を深く見つめ直す時期だと感じます。
今この時がもし胎内の闇であれば、闇から光へ花は向う、私たちの命も内から宇宙へと限りなく開く花。人類が地球に環境に行ってきたこの過ちが、この契機となって、この新型コロナウィルスが僕らにこの苦難と試練を与えていると理解する方法もあるかもしれない。そうであれば、それら光と闇、生と死を全てを抱き祈り踊りたい。
踊りは祈りであり、浄化であり、抱擁である。分断された僕達を再び繋げる。

私達に胎児に、花の種になる時期が来たのならば。
踊り歌い、花として開き光に向おう。

イタリアの全土封鎖を受けて、開校出来なかった三月の舞踏学校の参加者からいただいたメッセージの中にあった言葉が響きました。
”The dance will go on forever and ever ! ”
踊り続けていきましょう。

竹之内淳志

Photo : Butoh dancer Atsushi Takenouchi in a Thailand cave 2000 Jan.
Photograph by Hiroko Komiya.
Publication Book Jacket photo "Dancing Identity: Metaphysics in Motion"(2005)
written by Sondra Fraleigh