2011年10月12日水曜日

Report from the South France nature side workshop 2011 September




Every summer in the South France, we make residency JINEN Butoh workshop. In this  natureside workshop in Pyrenees in September, we had deep dance moments every day in nature. We danced with flowers, trees, forests, rocks, sunrise, rain, wind, insect, animal ....

毎夏、南仏のピレネー山脈のふもとで 野外じねん舞踏ワークショップをレジデンシーで
行っている。今回も9月に行った一週間のワークでは、毎日野原で、花と踊り、木々と踊り、森と踊り、石と踊り、日の出や 雨や 風や 虫や 小さな生命と一緒に毎日踊った。

One afternoon we had work in the cave. We walked into the cave with small candle, and spent intimate total darkness dancing time there. With opened eye, we see only darkness. We breath, feel the air around us, our body and the darkness around us became one body. We feel we came back in the body, mother's womb.
We move our body in the darkness and feel infinite time and space.
When we walked back again to exit, we stayed before exit and made voice and danced at the space inbetween darkness and brightness.  It was really peaceful and precious moment.
And we want to remember that we were all born from that darkness into bright light.
And also inner our body, darkness is always there with us. The infinite time and space is always there with us.


ある午後のワークで、私達は洞窟へと入った。
小さな蝋燭4本のみで 洞窟の中へと皆で入っていった。そして、最後には蝋燭の明かりも消して
完全な暗闇の中で踊る時間をすごした。目を開いてみえるものは闇のみ。
呼吸し、まわりの空気を感じ、身体と自分を包み込む闇とがひとつとなる。
その時私達は身体の中へとかえっていく、そこは母親の胎内なのかもしれない。
暗闇の中で身体をうごかし、終わりのない時と空間を体験する。
そして、また洞窟の外へと戻っていく。完全に外へ出る前にしばらくの間、暗い空間と外の明るさの
間のスペースで声をだし即興で踊る時間。
それは、とても安らかでそして愛おしい感覚を与えてくれた時間だった。
そのときに感じたこと、そして覚えていたいことがある。
それは、私達は皆この暗闇から光のなかへ生まれ出た命なのだということ。
そしてまた 私達の身体の中にはいつもいつも暗闇がともに存在している。
そして、終わりのない時と空間もまた私達とともに存在しているのである。















2 件のコメント:

  1. love hearing of this journey of dancing within the dark and the light - within the cave / within the body / being... thank you for sharing the beauty...

    返信削除
  2. thank you for your message... Leela !

    返信削除